日本郵船/海事産業での陸上データプラットフォーム活用の取り組みを発表

2017年06月02日 

日本郵船はとグループのMTIは6月1日、ノルウェー・オスロで開催中の国際海事展「ノルシッピング2017」で、DNV-GL社と共同で、エンジンメーカーであるMAN Diesel & Turbo社の支援を受けて取り組んでいる、海事産業での陸上データプラットフォームの活用に関する共同プロジェクトの第1フェーズの成果について発表した。

プロジェクトでは、海事産業でのビッグデータの活用促進を目的として、日本郵船が運航するコンテナ船から得た機関情報を含む運航データを、DNV-GL社が立ち上げた産業用データプラットフォーム“Veracity”に集積し、船舶の性能解析や状態基準保全(CBM)、船級検査時の各種データ提供へ活用することを目指している。

プロジェクトは3つのフェーズに分けられ、2015年11月に開始した第1フェーズでは、データの集積、管理に関する基本的な機能の構築に取り組んだ。

今後の第2フェーズでは、エンジンの予防保全や船舶性能解析でのデータ活用を通して、データの品質チェック、セキュリティやアクセス権管理などの機能をテストし、第3フェーズではデータを活用した新たなビジネスモデルの開発を予定している。

最新ニュース