大東港運/釜山の物流会社を持分法適用関連会社に

2017年05月31日 

大東港運は5月30日、韓国・釜山の物流会社である東甫の株式を3000株(持分20%)取得し、持分法適用関連会社にした。

韓国・釜山港の国際水産物の物流・貿易基地として位置付けられてきた甘川港において既に営業実績を持ち、顧客より高い評価を得ているこの会社を関連会社化することにより、大東港運の第6次中期経営計画骨子のひとつ「事業拡大」のもとシナジー効果を発揮し、グループの物流体制の強化を図る。

甘川港は韓国国内での冷凍・冷蔵倉庫の一大集積地となっている。

■東甫の概要
名称:東甫(Dongbo Corporation)
所在地:# 705 , Busan International Fish Market, Wonyang-Ro , 35,
Seo-Gu , Busan , Korea
事業内容:エージェント業務(貨物、船)
     韓国非居住者の為の韓国冷蔵庫の貨物のエージェント業務
     秋刀魚のトランパー船海上輸送手配( 釜山 / 台湾 / 中国 )
資本金:KRW150,000,000.(参考 1500万円)
設立年月日:2015年1月14日
株主:Kim、Sung-Jun51.00%、Edward Kim36.00%、その他13.00%

最新ニュース