ヤマト運輸/小口保冷配送サービスの国際規格の認証を取得

2017年05月30日 

ヤマトホールディングス傘下のヤマト運輸など計6社は5月30日、小口保冷配送サービスに関する国際規格PAS 1018:2017(以下:PAS 1018)の認証を取得したと発表した。

<左から、BSIグループジャパンの五十嵐 泰文社長とヤマト運輸の長尾 裕社長(PAS 1018の認証書授与式)>
左から、BSIグループジャパンの五十嵐 泰文社長とヤマト運輸の長尾 裕社長(PAS 1018の認証書授与式)

国際規格の取得を通して、クール宅急便を展開する各国で、安心してサービスを利用できるため、客観的な視点による品質の更なる向上を図るために、第三者機関からの審査を受け、PAS 1018の認証を取得した。

認証を受けたグループ会社は、ヤマト運輸、沖縄ヤマト運輸、雅瑪多(中国)運輸、香港ヤマト運輸、シンガポールヤマト運輸、マレーシアヤマト運輸。

認証登録番号はTCDS 660200、認証登録範囲はクール宅急便と国際クール宅急便。認証機関はBSIグループジャパン、認証登録日は5月14日。

今後も高いサービス品質を維持し、お客に安心して利用できるサービスの提供と、アジアを中心とした各国の物流事業者に対し、認証取得に向けた働きかけを行うことで、各国の小口保冷配送サービス市場の健全な成長と拡大に貢献する。

PAS 1018は、小口保冷配送サービスのうち、荷物の積み替えを伴う輸送形態を対象とする国際規格で、車両に搭載されている保冷庫などの空間の温度管理を中心に、配送中の積み替え作業に関する要求事項が規定されている。

ヤマトホールディングスを始め、日本国内の保冷宅配便サービスを扱う事業者、海外の業界団体等の組織も参画し今年2月28日に策定された。

最新ニュース