近鉄エクスプレス/TIより特に優れたサプライヤーとして表彰

2017年05月29日 

近鉄エクスプレス(KWE)は、米国 大手半導体メーカーのテキサス・インスツルメンツ(TI)より、過去1年間に特に優れたサービスとサポートを提供したサプライヤーに与えられる“Supplier Excellence Award”(SEA)を受賞した。

<右からテキサス・インスツルメンツ Mr.Rob Simpson 国際資材調達・物流担当副社長、近鉄エクスプレス 鳥居 伸年社長>
右からテキサス・インスツルメンツ Mr.Rob Simpson 国際資材調達・物流担当副社長、近鉄エクスプレス 鳥居 伸年社長

2016年度は全世界1万2000社を越えるサプライヤーの中から16社が選ばれ、KWEは2007年度、2011年度に引き続き3度目の受賞となった。

2007年度は国際輸送、2011年度は中国のProduct Distribution Center(PDC)におけるロジスティクスサービスが評価されての受賞だったが、今回は、過去受賞した国際輸送とPDCでのロジスティクスサービスに加えてTIの製造工場内での物流請負業と全3部門での高いパフォーマンスと貢献が評価されての受賞となった。

なお、SEAは1984年に制定されたもので、TIの全世界のサプライヤーを対象にサービス、品質面で貢 献度の高かったサプライヤーを選抜して毎年表彰を行っている。

Cost(コスト)、Environmental(環境への対応) 、Technology(技術力)、 Responsiveness(サービス対応) 、Assurance of Supply (商品・サービス供給の正確性) 、Quality(品質)の6つの分野での総合評価をベースに選考される。

最新ニュース