DHL/ラグビーワールドカップ2019のオフィシャルロジスティクスパートナーに

2017年05月24日 

DHLは5月24日、「ラグビーワールドカップ2019」でのDHLのオフィシャルロジスティクスパートナー兼ワールドワイドパートナー契約更新を発表した。

<DHL、ラグビーワールドカップ2011、2015の実績にもとづき、2019年日本大会でも大会の全ロジスティクスを担う>

パートナーシップ契約により、 DHLは、2019年9月20日から11月2日まで日本で開催される世界最大規模の国際スポーツイベントの一つであるラグビーワールドカップに再び協賛する。

DHLは、ラグビーワールドカップ2011ニュージーランド大会、ラグビーワールドカップ2015イングランド大会でも、オフィシャルロジスティクスパートナーを務めていた。

「ラグビーワールドカップ2019」へのパートナーシップにより、DHLとラグビー競技の長期にわたる関係は継続する。

DHLはラグビーワールドカップ2015のオフィシャルロジスティクスパートナーとして、世界各地から英国・イングランドへの、大会やチーム装備一式の輸送を担った。

13か所の競技会場へ運んだ合計48トンものチーム貨物、1400個ものオフィシャルボール、20セットのゴールポストをはじめ、世界160か国以上へ40万枚を超えるチケットを輸送した。

DHLのラグビー競技へのサポートは多岐にわたり、過去のラグビーワールドカップへのサポートに加え、ワールドラグビーセブンズシリーズ、カナダラグビー協会(Rugby Canada)、アイルランドラグビー協会、ドイツラグビー協会、英国イングランドのクラブチーム・ハーレクインズ、南アフリカのDHLストーマーズ・ラグビークラブをはじめ、世界中のさまざまな場所でのローカルクラブへの草の根の協力がある。

サポート内容は、ロジスティクス支援やスポンサーシップ、DHLアンバサダーによるコーチングクリニック、従業員によるコミュニティー活動やクラブの管理業務の手伝いなどのボランティア活動まで広範囲に渡る。

最新ニュース