住友ゴム/タイヤセンシング技術「SENSING CORE」を開発

2017年05月16日 

住友ゴム工業は5月16日、タイヤの回転により発生する車輪速信号を解析することにより、路面の滑りやすさやタイヤにかかる荷重などの情報を検知するタイヤセンシング技術「SENSING CORE」を開発したと発表した。

<SENSING CORE概要図>
SENSING CORE概要図

<路面の滑りやすさの検知>
路面の滑りやすさの検知

<タイヤにかかる荷重の検知>
タイヤにかかる荷重の検知

これまで、タイヤの回転により発生する車輪速信号を解析することでタイヤの空気圧低下を検知し、ドライバーに知らせるタイヤ空気圧低下警報装置「DWS(Deflation Warning System)」を実用化し、世界各国の多くの車両に純正採用されてきた。

「SENSING CORE」はこのDWSで培った技術をベースに、それをさらに進化、発展させて生まれたもので、追加のセンサーを必要とせず、既存の車輪速信号を使ってソフトウェアで検知するため、メンテナンスフリーで低コスト化を図ることが出来る技術。

タイヤは唯一路面と接し、車両の重量を支えている。

「SENSING CORE」はそのタイヤだからこそ分かるさまざまな情報を、独自に開発したアルゴリズムによって検知し、車両やドライバーに提供するもので、そのアルゴリズムには住友ゴムの100年を超えるタイヤ開発により得たタイヤ特性に関するさまざまな知見が活用されている。

具体的には車輪速信号を解析・統計処理することによって、タイヤの空気圧低下のみならず、路面の滑りやすさや4輪それぞれのタイヤにかかる荷重などをリアルタイムに推定することが可能。

さらに将来的にはこの技術を応用し、タイヤの摩耗や損傷などを推定することや、得られた情報をビッグデータとして収集、分析し、他の車両へ配信することが期待できる。

「SENSING CORE」は、ドライバーのより安全な走行に寄与するとともに、今後、急速に進む自動運転車の高度化にも繋がる技術であると考えている。今後、技術開発をさらに進め、安全で環境負荷の少ないモビリティ社会の発展に貢献するとしている。

最新ニュース