日清ヨーク/埼玉県羽生市に関東新工場竣工

2017年05月16日 

日清ヨークは5月15日、埼玉県羽生市に関東新工場を竣工した。

<関東新工場>
関東新工場

今後の需要の拡大に対応するため、生産能力を約1.5倍に高めた。

工場では、基幹商品である乳製品乳酸菌飲料「ピルクル」や日本初の飲むヨーグルト「十勝のむヨーグルト」などを生産する。

最新鋭の生産設備の導入により、自動化、省人化による生産性の向上を図るとともに、HACCP (ハサップ) 方式に対応した衛生的な工場でさらなる品質向上に取り組み、消費者の皆さまに安全で安心な製品を届けている。

工場内に開発研究所を併設することで、商品開発から生産まで一貫してスピーディーに対応できる体制を構築した。

今後日清ヨークは、竣工した関東新工場と既存の兵庫県西脇市にある関西工場の2拠点より、全国に安定的に製品を供給することで、2020年度の売上高目標143%(2015年実績比)の達成を目指す。

■関東新工場概要
工場名:日清ヨーク 関東新工場
所在地:埼玉県羽生市上村君堤根272
敷地面積:3万1905m2
建物延床面積:1万3553m2
生産品目:「ピルクル」「十勝のむヨーグルト」他
生産能力:29万リットル/日
設備投資額:約80億円
竣工日:2017年5月15日

最新ニュース