三菱ふそう/大型トラック、21年ぶりにフルモデルチェンジ

2017年05月15日 

三菱ふそうトラック・バス(MFTBC)は5月15日、21年ぶりのフルモデルチェンジした大型トラック「スーパーグレート」を発表した。

<スーパーグレート>
スーパーグレート

日本で初めて機械式自動変速トランスミッション(AMT)を全車標準装備としている。

1996年以来21年ぶりにフルモデルチェンジで内外装のデザインを一新。新開発した2種類の小排気量エンジン(6R20型:10.7L、6S10型:7.7L)を採用し、従来車両と比較し、大幅な軽量化を実現した。

また、新開発の12段機械式自動変速トランスミッション(AMT)「ShiftPilot(シフトパイロット)」を全車に搭載、スムーズなシフト操作により、快適性を実現している。

歩行者検知も可能となった、衝突被害軽減ブレーキ「ABA4(アクティブ・ブレーキ・アシスト4)」、MDAS-Ⅲ(エムダススリー)の技術を進化させた運転注意力モニター「アクティブ・アテンション・アシスト」、国内初の左死角に隠れた危険を警告する「アクティブ・サイドガード・アシスト」など各種安全装備を採用し、大型トラックによる事故を低減し、安全性を高めている。

車間距離保持機能付オートクルーズに、自動停止、自動発進機能を追加した「プロキシミティー・コントロール・アシスト」を新たに採用するとともに、オートクルーズを使用中にGPSと3D地図情報によって道路勾配を予測し、省燃費走行を図る「パワートレイン3D予測制御」(オプション設定)により、経済性と快適性を実現している。

新たに、テレマティクス機能として「Truckonnect(トラックコネクト)」を標準採用。稼働中のリアルタイムなトラックの情報を顧客のPC端末でチェックできるサービスとして、新たに導入した。

車両の現在位置・稼働経路、そして万が一の車両の故障時や事故などのトラブルを確認できるとともに、ドライバーの安全運転の状況もリアルタイムで把握することが可能となる。

デジタルタコグラフの基本項目も、確認することができ、燃費状況も含めた業務効率化を図れる。

なお、初期導入費用、サービス通信費用、デジタルタコグラフ本体費用を無料としているのは、日本の商用車メーカーとしては初。

最新ニュース