三菱ふそう/川崎工場に日本初の電気トラック用急速充電設備を開設

2017年05月10日 

三菱ふそうトラック・バス(MFTBC)は5月10日、電気小型トラック「eCanter」の量産開始を前に、川崎工場内に充電インフラとして、日本初の電気トラック用急速充電設備を開設したと発表した。

<記念式典でのテープカットの様子。左から 島 国土交通省自動車局次長、糟谷 経済産業省製造産業局長、リストセーヤ MFTBC CEO、松永 MFTBC会長、福田 川崎市長>

日本国内の電気自動車向け急速充電設備は、約7000か所(CHAdeMO協議会調べ 2017年1月11日現在)設置されている。

多くは、乗用車向けとして、商業施設、高速道路のサービスエリアなど幅広い場所に設置されており、乗用車のEV・PHVの普及に大きく貢献している。

MFTBCは、今後量産を予定している電気トラック「eCanter」の販売を前に、日本国内で初めて電気トラック用の急速充電設備を川崎工場内の2か所に設け、電気トラックの顧客に利用してもらえる環境を整えた。

MFTBCの松永 和夫会長は「私共は、物流ビジネスにおいて、排出ガスゼロの物流を行う、電動トラック・バスの開発を一つのゴールと定めている。都市をよりクリーンで、静かな空間にする為に、パリ議定書の合意においても、政府・行政関係、そして物流関係の顧客に対して、電気トラック普及の為の充電設備の拡充への理解、支援を賜りたいと考えている」と述べている。

なお、川崎工場には、最大出力680kW、面積5000m2の太陽光発電施設を導入しており、CO2ゼロの充電環境が整っている。

■川崎工場電気トラック向け急速充電設備 概要
名称:EV Power Charger(EVパワーチャージャー)
住所:川崎市中原区大倉町10(三菱ふそうトラック・バス川崎工場内)2か所
稼働時間:24時間(予定)
充電器仕様:CHAdeMO方式(出力:50kW, 直流50-500V, 125A)7台、
      CHAdeMO/COMBO方式併用 (出力:50kW, 直流50-500V 125A)1台
充電スペース:小型トラック用 4台×2か所

最新ニュース