JMU/LNG貨物タンクと燃料タンク向けのSPBシステムでAlushipと協力合意

2017年05月10日 

ジャパン マリンユナイテッド(JMU)は5月10日、Aluship Technology Sp.zo.o. (Aluship)と、LNG貨物タンクと燃料タンク向けの独自技術であるSPBシステム(自立角型IMOタイプBタンク)の欧州顧客に向けた製造と販売についての協力合意を締結したと発表した。

SPBシステムは、タンク形状の自由度が高く容積に制約が無い、スロッシングが無い」の特徴を持つ極めて信頼性の高い技術で、従来の貨物タンク向けに加え、LNG燃料タンク向けとしても適用する検討が進んでいる。

合意によって、高品質なアルミ製タンクの製造拠点を、舶用LNG燃料の活用、供給インフラ整備で先行する欧州に確保する事で、欧州の顧客に対するSPBシステムのより迅速な供給と共に、製造拠点を通じての商機拡大が可能となった。

Alushipで製造するタンクの競争力が優位である場合には、欧州域外の顧客に対しても供給できる体制を構築した。

なお、Aluship Technology Sp. z o.o.は、海洋・陸上向けアルミ構造物のエンジニアリングと製造を手掛けるリーディングカンパニー。

最新ニュース