ケイヒン/3月期の売上高7.6%減、営業利益32.0%減

2017年05月09日 

ケイヒンが5月9日に発表した2017年3月期の業績は、売上高423億5200万円(前年同期比7.6%減)、営業利益9億9600万円(32.0%減)、経常利益8億7200万円(31.9%減)、当期利益5億1000万円(45.0%減)となった。

国内物流事業の売上高は264億1300万円(2.9%増)となったが、営業利益は新規施設の開設等に伴う一時的な固定費の増加により17億7800万円(11.9%減)となった。

国際物流事業の売上高は169億8400万円(20.0%減)となり、営業利益は輸出車両の海上輸送の取扱いが減少したこと等により、6億600万円(29.6%減)となった。

次期は、売上高450億円(6.3%増)、営業利益11億5000万円(15.4%増)、経常利益10億円(14.6%増)、当期利益7億円(37.1%増)を見込んでいる。

最新ニュース