いすゞ自動車/ラオスにトラックのサービス拠点開設

2017年05月09日 

いすゞ自動車は5月9日、Truck Service Factory (トラック・サービス・ファクトリー、「TSF」)をインドシナ・メコン地域でのクロスボーダー物流の要衝であるラオス南部、サワナケット県に開設し、5月より営業を開始すると発表した。

TSFが位置するサワナケットは、ミャンマー、タイ、ラオス、ベトナムを結ぶ東西経済回廊と中国、ラオス、カンボジアを結ぶ中央経済回廊を利用するインドシナ・メコン地域におけるクロスボーダー物流の最大結節点で、日系を含む多くの物流企業が越境輸送事業を展開している。

TSFではいすゞ車に限らず、あらゆる商用車メーカーのアフターサービスを行うことで、今後も増加が予想される越境物流における「運ぶ」を、日本品質の高度なアフターサービスで支え、インドシナ・メコン地域の経済発展に貢献していくとしている。

■新会社概要
名称:いすゞ トラック サービス ファクトリー ラオス
所在地:ラオス人民民主共和国サワナケット県
Savan-Seno SEZ Zone B1(サワン・セノ経済特区B1ゾーン)
事業内容:商業車の修理・点検・整備、補修用部品販売、市場情報の収集
資本金:86万米ドル(約1億円)
設立年月:2015年12月
営業開始:2017年5月
出資比率:いすゞモーターズインドチャイナ(いすゞモーターズアジア100%)80%、ISUZU LAO VSA 20%

最新ニュース