日通/3月期の売上高2.3%減、営業利益4.8%増

2017年05月09日 

日本通運が5月9日に発表した2017年3月期決算によると、売上高1兆8643億100万円(前年同期比2.3%減)、営業利益574億3100万円(4.8%増)、経常利益638億600万円(2.3%増)、当期利益364億5400万円(2.2%増)となった。

セグメント別の日本(ロジスティクス)では、自動車、海運等の貨物の取扱いが低調に推移したこと等により、売上高は1兆1557億円と前年度に比べ26億円、0.2%の減収となったが、利用運送費や外注費、燃料費等の減少と新規連結会社が加わったこと等により、営業利益は386億円と前年度に比べ20億円、5.6%の増益となった。

米州(ロジスティクス)では、前年度における米国西海岸港湾混雑の影響による航空輸出入貨物増加の反動減及び為替の影響等により、売上高は838億円と前年度に比べ108億円、11.5%の減収となり、営業利益は47億円と前年度に比べ3億円、6.2%の減益となった。

欧州(ロジスティクス)では、倉庫の取扱いは堅調に推移したものの、為替の影響等により、売上高は792億円と前年度に比べ52億円、6.3%の減収となったが、営業利益は20億円と前年度に比べ4億円、30.2%の増益となった。

東アジア(ロジスティクス)では、航空輸入貨物の取扱いは堅調に推移したものの、為替の影響等により、売上高は1017億円と前年度に比べ133億円、11.6%の減収となり、営業利益は11億円と前連結会計年度に比べ5億円、33.5%の減益となった。

南アジア・オセアニア(ロジスティクス)では、新規連結会社が加わったこと等により、売上高は703億円と前年度に比べ1億円、0.2%の増収となり、営業利益は24億円と前年度に比べ9億円、58.5%の増益となった。

来期は、売上高1兆9300億円(3.5%増)、営業利益670億円(16.7%増)、経常利益700億円(9.7%増)、当期利益420億円(15.2%増)を見込んでいる。

最新ニュース