NECほか/LPガス配送業務効率化にAI・IoTを活用

2017年05月08日 

NEC(日本電気)、ミツウロコクリエイティブソリューションズ、京セラコミュニケーションシステム(KCCS)は5月8日、LPガスの配送業務効率化ソリューションを共同開発し、ソリューション提供で協業を開始したと発表した。

<配送業務効率化ソリューションの概要>
配送業務効率化ソリューションの概要

3社は、2018年の事業開始に向け、ソリューションの実証を開始する。

利用する「SIGFOX」は、低コストで低電力な通信が可能で、IoT向けのネットワークとして注目されている通信技術。

LPガス事業者が行う検針業務、LPガス容器配送業務で、LPガスメーターにNECが開発した「LPWA対応IoT無線化ユニット」を設置し、KCCSが提供する「SIGFOX」(IoT用のネットワーク規格)の通信サービスを利用して、LPガスメーターの指針データを遠隔で取得する。

取得したデータをNECのIoT基盤「NEC the WISE IoT Platform」上に収集・蓄積し、NECの最先端AI技術群「NEC the WISE」を活用して、LPガス容器の最適な配送日と効率的な配送ルートを分析・策定する。

検針からLPガス配送車両への積載容器本数を指示するまでの全プロセスの自動化を実現する。

今後3社は、このソリューションを活用した事業を連携して行い、「LPガス販売事業者へ月に一度消費者のLPガスメーター指針値を提供するサービス」、「LPガス配送事業者へ日次でLPガスメーター指針値を提供するサービス」、「LPガス配送業務効率化ソリューションを提供するサービス」を、ミツウロコクリエイティブソリューションズから提供する。

最新ニュース