GLP/神奈川県愛甲郡愛川町とGLP厚木IIで災害時協力の協定締結

2017年04月28日 

グローバル・ロジスティック・プロパティーズ(GLP)は4月28日、神奈川県愛甲郡愛川町と地震などの災害発生時に同社の「GLP厚木II」の駐車場を災害派遣や緊急消防援助等の車両待機場所と物資・資機材保管用の仮設テントの設置場所等とする協定を4月27日に締結したと発表した。

<GLP帖佐社長と愛川町小野澤町長による協定締結式>

<GLP厚木II>

GLP厚木IIは2016年6月に竣工した地上6階建て、延床面積8万9242m2の規模で建設されたマルチテナント型の先進的物流施設で免震構造やバックアップ電源、地下水供給設備など、さまざまな事業継続に対する取り組みを行っている。

協定締結はGLP厚木IIが乗用車356台分の広大な駐車場スペースを有していることなどから、愛川町がGLPへ依頼したもの。

GLPの帖佐 義之社長は「GLPでは、企業からの関心が高い災害時の事業継続を可能とするための先進的なBCP装備を各施設で取り入れている。今後も社会のインフラを担う一企業市民として、GLPの物流施設の特性を活かし、地域の災害対策に貢献できるように邁進していく所存です」と述べている。

GLPでは、「GLP大阪II」「GLP横浜」「GLP鳴尾浜」「GLP川島」において自治体から災害時の避難施設として指定を受けており、「GLP横浜」では年に1回避難訓練を行うなど地域との連携を図っている。

最新ニュース