鴻池運輸/ミャンマーに自社倉庫稼働

2017年04月27日 

鴻池運輸は4月27日、ミャンマーの現地法人、KONOIKE MYANMAR(以下:KMC)が、ミャンマー・ティラワ経済特区(SEZ)内に自社倉庫を竣工し、4月1日より本格稼働を開始したと発表した。

<ミャンマーの自社倉庫>
ミャンマーの自社倉庫

倉庫は、延床面積3300m2で、保税機能と流通加工機能を備えた自社倉庫として活用しながら、ミャンマーとタイ間のクロスボーダー輸送、製造設備の輸送・据付までを行うエンジニアリング事業を強みに業務拡大を図る。

日本とミャンマー政府が官民一体で進めているミャンマー初の経済特区であるティラワSEZでは、外資100%による事業運営が認められており、保税倉庫事業やトラック運送事業を、経済特区の利点を生かした自由な事業展開が可能。

KMCでは、ミャンマーにおけるグループ初の自社倉庫・自社トラックを保有・活用しながら、今後ASEAN加盟国の中でも物流需要増大が想定されるミャンマー⇔タイ間のクロスボーダー輸送や、ODA関連事業の輸送、エンジニアリング事業などに注力する。

■新倉庫の概要
所在地:ミャンマー・ヤンゴン管区ティラワ経済特区内
敷地面積:約16,500m2
延床面積:約 3,300m2
仕様:常温、保税倉庫、流通加工可

最新ニュース