佐川急便、北越急行/貨客混載列車、運行開始

2017年04月19日 

佐川急便と北越急行は4月18日、昨年6月に貨客混載事業に取り組むことに合意し、本格稼動を目指して実証実験を重ね、本格運行を開始した。

<貨客混載のフロー図>

<カーゴ積み込み作業>

今後、駅利用者の利便性向上を目的とした宅配カウンターの設置、不在再配達の荷物引き取り用宅配ボックスを駅構内に設置を検討している。

なお、旅客列車を利用し、新たな貨物輸送サービスを提供するとともに、輸送の効率化、環境負荷低減等を図るこの貨客混載事業は、改正物流総合効率化法に基づく、総合効率化計画として認定された。

<出発式のテープカット。左から国土交通省北陸信越運輸局の江角 直樹局長、佐川急便の内田浩幸取締役、北越急行の渡邉 正幸社長>

■実施概要
実施日:4月18日(火)より
列車:854M 六日町駅(20:10 着 20:13発)~うらがわら駅(20:50着 20:53発)
   857M うらがわら駅(21:06 着 21:09発)~六日町駅(21:48着)
車両:北越急行所属HK100 2両編成
運行:平日のみ(土、日、祝は貨物輸送は行なわない)

最新ニュース