愛知製鋼/トラック用高強度板ばね用鋼をニッパツと共同開発

2017年04月17日 

愛知製鋼は4月17日、自動車の軽量化・燃費改善に貢献する「高強度板ばね用鋼 AUP30NS」を日本発条(ニッパツ)と共同開発した。

<トラックの板ばね>

<開発概要>

共同開発した高強度板ばね用鋼は、高硬さ領域において優れた靭性を発揮する独自の成分設計と、鋼材製造から板ばね成形プロセスにおいてチタン炭窒化物を析出制御し、組織の微細化を可能としたことにより、世界最高レベルの強度と、現用鋼以上の優れた靭性の両立を実現し、重ね板ばねの枚数を減らすなどの軽量化も可能となる。

トラックをはじめ重量車に対する日本の排出ガス規制は、世界で最も厳しい水準にあり、部品1点ずつにおける軽量化ニーズは極めて高い。

排出ガス規制において日本に続く欧米においても、今後そのニーズはますます高まることが予想されることから、燃費改善も合わせ、本製品は日本国内のトラックメーカーのみならずグローバルでも需要増加が期待されるという。

■製品概要
製品名: 高強度板ばね用鋼 AUP30NS
特長:世界トップレベルの強度と靭性を高次元にて両立
開発のポイント:高硬さ域にて優れた靭性が得られる成分設計、チタン炭窒化物の析出制御による組織微細化
用途:自動車懸架用板ばね
製造:愛知製鋼 知多工場
特許:国内取得済み、海外申請中(一部取得済み)

最新ニュース