DHL/ドイツ・スティービー・アワード金賞を受賞

2017年04月13日 

DHLは4月13日、提供するリスク管理・緩和プラットフォーム「DHLレジリエンス360」が、2017年ドイツ・スティービー・アワード金賞を受賞したと発表した。

<DHLカスタマーソリューションズ&イノベーションのレジリエンス360部門長であるトビアス ラーション>

スティービー・アワードはビジネス界での世界有数の賞の一つと言われており、DHLは最優秀新製品・サービス賞(企業間製品・サービス・輸送)部門においてスティービー・アワードより表彰を受けた。

また、DHLカスタマーソリューションズ&イノベーションがセールス・カスタマーサービス部門の銀賞を受賞し、さらに異文化での信頼関係構築法において銅賞を獲得した。

DHLレジリエンス360は、クラウドベースの革新的なプラットフォームで、全世界のサプライチェーンを可視化し、複数の輸送モードを跨いで発注および貨物を追跡し、リアルタイムでのリスク管理を支援することで、最終的にレジリエンスの向上を実現する。

リスクの把握と高リスクなホットスポットの特定によりリスクを緩和し、サプライチェーン寸断を競争優位性へと変えることで、企業の事業継続を支援する。レジリエンス360はこの種のプラットフォームとしては業界初であり、アジアや欧州、南北米において自動車業界、化学業界、重工業および製造業の顧客を中心に活用されている。

DHLカスタマーソリューションズ&イノベーションのレジリエンス360部門長であるトビアス ラーションは、「DHLの成功の鍵は、顧客中心主義と継続的改善を重視する姿勢を明確に打ち出していること。イノベーションに関して業界をリードする企業として、DHLは革新的なソリューションを提供し、顧客の事業を改善および強化することを目指している。顧客の事業継続を支援する私たちの取り組みが評価され、この度、スティービー・アワードの複数部門で表彰いただき、喜ばしい限りです」と述べている。

DHLカスタマーソリューションズ&イノベーションは、セールストレーニングとコーチングプログラムに関してセールス・カスタマーサービス部門の銀賞を獲得した。これは、セールストレーニングおよびコーチングの支援を通じて、顧客との関係向上を効率的に実現しようというDHLの継続的な取り組みが評価されたもの。

さらに、日本型ビジネス文化に深い理解を示し、信頼関係を構築するDHLの手法に対して銅賞が贈られた。

なお、ドイツ・スティービー・アワードは、ドイツ国内において最も多方面にわたるビジネス賞として認められている。

世界有数のビジネス賞である国際スティービー・アワード・プログラムの一環として、2015年に創設された。表彰式では、各賞を受賞した組織および個人が称えられ、その優れた功績が紹介された。ドイツ・スティービー・アワードには、ドイツ国内の企業および組織であれば応募することが可能。

最新ニュース