三菱商事都市開発/川崎市高津区に物流施設を着工

2017年04月13日 

三菱商事都市開発は4月13日、川崎市高津区の物流施設「MCUD川崎I」の敷地内に、2棟目となるマルチテナント型物流施設を着工した。

<MCUD川崎I 増築工事イメージパース>

4階建て、延床面積4.9万m2の規模で、2018年6月竣工の計画。

第三京浜道路と国道409号線に近接し、川崎、横浜等の周辺エリアに加え、東名高速道路や環状八号線を経由し渋谷・新宿へは約30分、東京23区全域へも約60分で配送可能な、首都圏配送に優位性の高い場所に立地。

三菱商事都市開発は、今後も首都圏中心に利便性の高い物流施設のネットワーク構築を目指し、三菱商事グループにおいて長年培った物流施設開発・運営のノウハウを駆使し、優良な物流施設を不動産マーケットに提供していく。

<位置図>

<詳細図>

■MCUD川崎I 増築工事の概要
所在地:神奈川県川崎市高津区北見方3-545-1
敷地面積:5万4339.00m2
延床面積:4万8920.82m2 ※既設含む合計9万9054.90m2
建物構造:鉄骨造4階建
交通:第三京浜道路京浜川崎IC1.0km、東急田園都市線二子新地駅1.7km

最新ニュース