三井不動産、プロロジス/川越市に物流施設、共同開発

2017年04月12日 

三井不動産とプロロジスは4月12日、埼玉県川越市に大型物流施設「MFLPプロロジスパーク川越」の共同開発を決めた。

<MFLPプロロジスパーク川越>

約6万m2の敷地に、ダブルランプウェイを備える地上4階建て、延床面積約13万m2のマルチテナント型の物流施設として計画。着工は8月、竣工は2018年10月を予定している。

関越自動車道川越ICから車で約7分で、東名・中央・関越・東北道といった主要高速道路へのアクセスも良く、都心と全国を効率的に結ぶ立地。

<位置図>

西武新宿線南大塚駅からも徒歩6分と至近で、従業者の通勤利便性に優れ、庫内作業の人材募集にも有利。

1階西側は、両面バースとする予定で、敷地内ではトラック動線と乗用車の動線を分け、高い作業効率と安全性を確保している。

全館LED照明導入や非常用発電設備をはじめとする環境やBCPに配慮した施設スペックに加え、カフェテリアやパウダーコーナーなど、従業者の快適さを追求した環境整備も行う。

三井不動産とプロロジスが、共同事業を推進し、双方のノウハウを結集することで、さらに先進的で質の高い物流施設を開発する。

■MFLPプロロジスパーク川越の概要
所在地:埼玉県川越市南台
建物規模:地上4階建て
計画敷地面積:58,749.53m2
計画延床面積:130,797.85m2

最新ニュース