凸版印刷、伊藤忠商事/タイで軟包材事業に参入

2017年04月06日 

凸版印刷と伊藤忠商事は4月6日、タイで総合パッケージング事業を展開するThung Hua Sinn Printing Network(TPNグループ)と共同で、タイの軟包材事業に参入すると発表した。

<TPNグループ全体の工場外観>

軟包材分野でのさらなる成長を目指すTPN Food Packagingと、ASEAN地域での総合パッケージ事業拡大を目指す凸版印刷、CPグループなどとの事業シナジー強化を目指す伊藤忠商事の事業方向性が合致し、資本業務提携契約の締結にいたった。

TPNグループが新設した軟包材会社であるTTPN Food Packagingと4月6日に資本業務提携契約を締結し、凸版印刷と伊藤忠商事はTPN Food Packagingの10.7%の株式を取得する。

タイにおける軟包材市場は推計約1200億円、流通形態の変化や、加工食品の輸出拡大により、長期保存が可能なバリア性能に優れた包材や、消費者の使いやすさを訴求した包材など、機能性に優れた包材へのニーズが高まっている。

TPNグループは、1953年に創業し、タイで紙器・ラベル・軟包材事業を展開する総合パッケージ会社。

TPNグループはグラビア印刷を中心とした軟包材事業を拡大すべく、2016年6月にTPN Food Packagingを設立した。同グループはパッケージの製造・販売において、タイ国内でトップクラスの企業。

なお、凸版印刷と伊藤忠商事は、TPN Food Packaging、TPNグループと共同で、タイとインドシナ半島市場における軟包材事業の拡大を目指す。事業拡大とともに、TPN Food Packagingへの追加出資も行っていく。

最新ニュース