国交省/物流を考慮した建築物の設計・運用の手引き作成

2017年03月29日 

国土交通省は3月29日、「物流を考慮した建築物の設計・運用について」(手引き)を作成した。

<大規模建築物の物流のイメージ(物流が考慮されている場合)~館内配送の共同化ありの例~>

建築物へのスムーズな貨物の搬入や屋内移動の確保等を図るとともに、交通や環境へ与える影響を抑制し、良好な景観形成などまちづくりの調和等の効果を期待し、今後の取組に向けたヒントとして、作成した。

手引きは、建築物の開発・設計・管理に携わる方、建築主、物流事業者、テナント、地方自治体の関係者等に参考となるよう、政令指定都市で屋内駐車場を設ける大規模な商業施設、オフィスビルを念頭にしている。

設計に関して、検討フロー(基本構想段階から管理段階までに考慮する事項等)や設計上の考慮事項(駐車マスの大きさ、車路の高さ、荷捌きスペース等)を整理している。

運用による物流の効率化については、館内配送の共同化、納品時間の指定・調整等について整理し、既設や小規模な建築物についても参考となるようにとりまとめている。

■物流を考慮した建築物の設計・運用の手引き
http://www.mlit.go.jp/common/001178721.pdf

最新ニュース