味の素/25億円投じ、ミャンマーで粉末飲料の工場新設

2017年03月17日 

味の素は3月17日、2016年2月に設立したミャンマー味の素食品社(MAF)で、粉末飲料「Birdy」3in1(「バーディー」3 in 1)の工場をヤンゴン管区のティラワ経済特区内に新設すると発表した。

<粉末飲料工場のイメージ>

投資額は約2200万米ドル(約25億円)で、2017年3月中に着工する予定。2017年9月に生産(包装)・販売開始を予定しているうま味調味料「味の素」と合わせ、製品ラインアップを拡充し、ミャンマー市場に本格参入して世界各国における「おいしさNo.1」の実現を目指す。

これにより、ミャンマーの生活者のニーズに合った製品を提供するとともに現地に根差したマーケティング活動や販売活動を推進する。

MAF社の新工場は2018年2月に稼働開始、4月より新工場で生産した粉末飲料を販売する予定。今後は調味料や加工食品など多角化も検討し、更なる事業の拡大を目指すとしている。

■粉末飲料工場の概要
所在地:ミャンマー連邦共和国ヤンゴン管区ティラワ経済特区内
投資額:約2200万米ドル(約25億円)
敷地面積:土地約3万4471m2、工場延床面積約7744m2(建屋構造3階建て)
稼働開始:2018年2月(予定)

最新ニュース