外務省/モザンビークに無償資金協力、物流のボトルネック解消へ

2017年03月16日 

外務省は3月15日、モザンビークに34.19億円の無償資金協力「カーボデルガード州国道380号橋梁整備計画」を行うと発表した。

モザンビーク北部のナカラ回廊地域を南北につなぐ国道380号線上の橋梁の整備を行うことにより、同地域の物流円滑化を図り、回廊開発を含む地域経済活性化と地域住民の生活改善に寄与する。

モザンビーク北部を南北に縦断する国道380号線は,同国の主要幹線道路として位置づけられているが、道路線上にかかる橋梁の多くが仮設であることから、大型車輌の通行が困難となっている。

雨期になると度々通行できなくなることもあり、ナカラ回廊地域における物流のボトルネックとなっている。この協力により、同地域における物流の円滑化、雨期にも常時通行可能となることによる地域住民の生活改善等が期待される。

最新ニュース