国交省/ダブル連結トラック実験、ヤマト運輸と福山通運加わる

2017年03月15日 

国土交通省は3月15日、昨年11月より、ダブル連結トラックの導入実験を新東名を中心とするフィールドで実施しているが、新たにヤマト運輸と福山通運が実験参加者に追加したと発表した。

ヤマト運輸は開始日が3月17日、台数は2台、車両長が21m、ルートは神奈川県愛甲郡愛川町~愛知県豊田市。

福山通運も開始日は3月17日で、台数は1台、車両長は21m、ルートは静岡県裾野市~愛知県北名古屋市(岐阜県岐阜市経由)となっている。

なお、2016年11月22日にすでに開始している日本梱包運輸倉庫は台数6台、車両長21m、ルートは埼玉県狭山市~愛知県豊田市、群馬県太田市~三重県鈴鹿市となっている。

実験参加者は引き続き公募しており、順次実験参加者は追加の予定。 

最新ニュース