日立物流、佐川急便/物流センタ―共同活用で総合効率化計画に認定

2017年03月13日 

日立物流と佐川急便は3月13日、両社連携のもと1月より千葉県柏市の柏・沼南エリアで実施している物流センターの共同活用による物流効率化について、国土交通省の改正物流総合効率化法の規定により、総合効率化計画として認定されたと発表した。

<従来の輸送イメージ>

<物流センターの共同活用による新たな輸送イメージ>

日立物流とSGホールディングスと佐川急便は、2016年3月の戦略的資本業務提携締結以降、両社の強みを活かしたさまざまな協業を国内外で展開しており、その一環として今年1月より千葉県の柏・沼南エリアにおいて、日立物流沼南物流センターの一部を、佐川急便の荷捌き拠点としても共同活用している。

この取り組みにより、同エリアの輸送における従来の経由地であった佐川急便柏営業所を経由しない新たな輸送ルートが構築され、トラックの走行距離の短縮や台数の削減と、それに伴うCO2排出量の57%削減など、物流業務の更なる効率化と省力化が可能になったことで、今回の認定を受けた。

両社による、千葉県柏・沼南エリアでの物流センター共同活用について、物流業務の効率化と省力化のため、同エリアにある日立物流沼南物流センターの一部を佐川急便柏営業所に出荷する荷物の一時保管スペースとして共同活用していたが、このスペースに可動式のローラーを新設し、今年1月からは荷捌き拠点としての本格運用を開始した。

これにより、同エリアの輸送における従来の経由地であった佐川急便柏営業所を経由しない新たな輸送ルートが構築され、トラックの走行距離の短縮や台数の削減と、それに伴う CO2排出量57%策減 など、物流業務の更なる効率化と省力化を実現した。

期待される効果として、大型車両2台/日の台数削減、集配車両14台の作業時間・走行距離の短縮と、それに伴うCO2排出量57%削減、日立物流沼南物流センターの出荷待機スペースの有効活用、佐川急便柏営業所内での仕分け行程の簡素化・省力化、およびダイヤ運行の実現、日立物流を含む、柏・沼南エリアでの顧客サービスの向上(集荷時間の延長など)などを挙げている。

最新ニュース