ミサワホーム/玄関一体型宅配ボックスを開発

2017年03月13日 

ミサワホームは3月13日、住宅の室内側から宅配物を回収できる業界初の「玄関一体型宅配ボックス」を開発したと発表した。

<室内側>

<屋外側>

4月よりミサワホームの木質系工業化住宅向けの玄関バリエーションに追加する。

開発した「玄関一体型宅配ボックス」は、室内側から宅配ボックス内の宅配物を回収する仕組みを採用。

そのため、子どもだけで留守番をしている、料理中で手が離せない、入浴中で気づかないといった理由で、在宅していても荷物を受け取れない場合にも、家を出ずに宅配物を回収できるという点が大きな特長。

玄関の袖部分を活用した省スペース設計にすることで、住宅の外部に設置することが難しい狭小地にも対応可能。

使用する宅配ボックスは、スリムタイプでありながら 350ml の缶ビール1ケース(24本入り)が荷受可能なサイズで、自動押印機能によって配達者の事務作業負担も減らす。

宅配物は室内側に保管されるため、住宅外部に設置する宅配ボックスに比べて良好な保管状態を維持でき、いたずらもされにくいため長期不在時も安心。

内外に設置する専用断熱パネルで宅配ボックスの断熱性を高めたほか、玄関ドアに合わせたオリジナルカラーの採用や、室内側の造作収納との組み合わせによる玄関収納やシューズクロークの+αの収納としての利用など住宅メーカーならではの工夫も盛り込んだ。

なお、宅配ボックスと郵便ポストを一体にしたバリエーションも用意している。

■「玄関一体型宅配ボックス」(宅配ボックス付き高断熱玄関ドア)概要
受取可能サイズ:W130×D360×H500
※350ml の缶ビール1ケース(24缶入り)が入る
受取可能重量:10kg
運用開始時期:2017年4月1日

最新ニュース