サトー/現場を止めないオートラベラーを発売

2017年03月09日 

サトーは3月9日、顧客の省力化を実現するラベル自動印字貼付機「タフアーム LR4NX-FA シリーズ(LR4NX-FA)」を、3月10日から国内で販売開始すると発表した。

<現場を止めないオートラベラー LR4NX-FA>

LR4NX-FAは、IoT技術を用いたサトーの保守サービス「SOS(サトーオンラインサービス) 」を搭載し、タイムリーな予防保守によって 大幅なダウンタイムの削減を実現する「現場を止めないオートラベラー」。

タフアームとは、サトーが販売する、製造ライン組み込み型のオートラベラー(ラベル自動印字貼付機)。LR シリーズは、可変情報のリアルタイム印字とラベル貼り付け作業の両方を1台で行え、「大量・ 高速」にラベル発行したい現場で多く導入されている。

販売を開始するLR4NX-FA の特長SOSを搭載し、安定稼働で現場を止めないこと。ラインに組み込まれるタフアームにとって、安定稼働は非常に重要。「SOS」は、24時間365日クラウド上でタフアームを見守り、問題が起きそうな箇所を事前に見つけて対処する予防保守を実現する。また、エラー発生時にはクラウドを活用した迅速な現場復旧が可能。トラブル時のダウンタイムを、従来よりも最大83%削減する。

また、安定稼動をさらに後押しする堅牢設計だ。高耐久サーマルヘッドとプラテンローラーを搭載し、かつ工具を使わずに誰でも簡単に消耗部品の交換が行えるなど、堅牢かつ現場運用に最適な設計が施され、長期安定稼動(7年保証)を実現した。

3.5インチの大型カラー液晶ディスプレイを搭載し、ラベル、インクリボンセットから消耗部品の交換まで、動画を見ながら簡単に操作が行える。さらに表示31言語、印字47言語へ対応し、顧客の環境に合わせた「貼付方式」「設置方向」「流れ方向」「ヘッド密度」の54通りの豊富な組み合わせを提供するなど、顧客の業務効率を向上させる各機能を搭載している。

サトーでは、人手不足を背景に特に自動化・省力化ニーズの高まる鉄鋼・建材・精密機器等の製造ライン向けにLR4NX-FA の販売を見込み、今後5年間で4000台の販売を目指す。

最新ニュース