アスクル/火災事故で近隣説明会、大気への影響も公開

2017年03月08日 

アスクルは3月8日、埼玉県三芳町立中央公民館で3月7日、19時に開催した「ASKULLogi PARK首都圏火災近隣説明会」で使用した資料を公表した。

火災の状況の経過として、2月16日に火災発生し、当日446名が就業中(負傷者2名、病院に搬送)だった。

同日、さいたまふじみ野所沢線通行止め(上富交差点~多聞院入口交差点間上下線)、2月17日に負傷者2名退院。2月19日倉庫内で延焼拡大し、6世帯に避難勧告。2月22日鎮圧、同日、避難勧告解除、避難所閉鎖、交通規制解除。2月28日鎮火した。

<大気への影響 | NO2(二酸化窒素)>

<大気への影響 | 浮遊粒子状物質(SPM)>

周辺環境調査の報告を行い、鎮圧後の大気への影響、出火から鎮圧までの大気への影響などをグラフなどで公開した。

また、近隣の人々への対応で、検診についての情報発信などを行った。

説明会には、アスクルの岩田 彰一郎社長、川村 勝宏物流担当執行役員、アスクル LOGISTの江田 修一社長が登壇した。

内容は物流センターの概要、火災の状況に関する報告、周辺環境調査の報告、近隣の人々への対応、質疑応答。

資料には、物流センターの概要や、物流センター内の各階の写真、主な取扱商品(在庫商品)を紹介している。

最新ニュース