渋澤倉庫/減損損失計上、業績予想を修正

2017年03月07日 

渋澤倉庫は3月7日、固定資産の減損に係る会計基準に基づき減損損失を計上すると発表した。

収益性の低下が認められる埼玉県深谷市の土地(倉庫用地)が減損額約5億円、売却予定土地建物が群馬県邑楽町の土地及び建物で、減損額は約2億1000万円。

この結果、2017年3月期通期業績予想は売上高574億円(前回発表時の増減率2.2%減)、営業利益32億8000万円(5.8%増)、経常利益32億9000万円(11.9%増)、当期利益16億8000万円(12.5%減)と修正した。

最新ニュース