三菱倉庫/寄託書類96箱を誤廃棄

2017年03月07日 

三菱倉庫は3月7日、公益財団法人阪神・淡路大震災復興基金から預かっていた寄託書類96箱を誤って廃棄(溶解)していたことが判明したと発表した。

原因は、他の顧客から預かった書類箱を廃棄した際に誤って一括廃棄してしまった。

廃棄物処理業者により、すべて溶解処分されたことを確認しているという。

同社では、この事態を真摯に受け止め、寄託書類の業務手順を再点検し、再発の防止に取り組んでいくとしている。

最新ニュース