三菱電機/真空バルブ・真空遮断器の新工場を建設

2017年03月06日 

三菱電機は3月2日、香川県丸亀市の受配電システム製作所に真空バルブと真空遮断器を集約して生産する真空バルブ・真空遮断器新工場を建設すると発表した。

<真空バルブ・真空遮断器新工場 完成イメージ>

IoTなどを活用した「e-F@ctoryコンセプト」の導入により生産革新を実現し、2025年までに真空バルブ単品と真空遮断器の売上120億円以上を目指す。

2018年1月に建屋が竣工し、同年7月から本格稼働を開始する。

■新工場の概要
所在地:香川県丸亀市蓬莱町8
建屋面積:延床約1万4200m2
構造:鉄骨S造、地上2階建
用途:生産・試験エリア、事務所・設計エリア
主な生産品目:真空バルブ、真空遮断器
竣工予定:2018年1月(2月から設備移設、7月から本稼働開始予定)
環境・省エネ対策:年間CO2排出量約280t削減
         高効率機器の採用(LED照明・空調機・変圧器)
         太陽光発電(200kW) ※将来600kWまで拡張予定
         めっき系埋設ピットの2重化他

最新ニュース