阪急阪神エクスプレス/グローバル戦略会議を開催

2017年03月06日 

阪急阪神エクスプレスは3月2日、3日の両日、グローバル戦略会議である「阪急阪神カーゴカンファレンス(HHCC2017)」を開催した。

<岡藤正策社長による基調演説>

<国際輸送コア表彰 受賞者>

HHCCは、日本を含む世界五極から、役員・極総支配人・海外現地法人責任者等が一堂に会して今後の方針や施策を協議するもので毎年開催している。

冒頭に岡藤正策社長による基調演説を行い、続いて海外各極・国内各本部より2017年度の重点課題と取り組みについて発表が行われた。併せて、2016年度国際輸送コア表彰の表彰式を執り行った。

岡藤社長は「グローバルに変化する環境の中で、全てのステークホルダーに豊かさをもたらすため、アジアを軸としてグローバルに戦える企業に成長し、創造的な高付加価値サービスを提供する。バランスのとれた事業ポートフォリオへの変革、最適な利益拡大策の構築、実行、強固なグローバルガバナンス体制への深化の基本戦略は維持する」としている。

また、阪急阪神エクスプレスグループでの2016年度国内外の活動から、特に優れた効果をあげたものとして、8つの取り組みが受賞した。

最優秀賞には、大手自動車メーカー パーツセンターの立上げプロジェクトチーム (コーポレート統括本部情報戦略推進部 サプライチェーン・ソリューション課、業務本部ターミナル部 商品管理課)が受賞。

佳作には、大手電子機器メーカーの倉庫管理ビジネス品質向上プロジェクトチーム (米国シカゴ支店、コーポレート統括本部情報戦略推進部、西日本営業本部第一営業部)、大手自動車メーカーの特需対策チーム(西日本営業本部第二営業部 中国支店、航空事業部仕入センター 西日本混載課、ベルギー ブリュッセル支店)、HANKYU HANSHIN EXPRESS INDIA PRIVATE LIMITED、東日本営業本部第二営業部 新潟支店が受賞。

個人賞は、根本 麻衣(東日本営業本部第一営業部 カスタマーサービスセンター カスタマーサービス二課)、片岡 照美、(業務本部東日本通関部 成田第二通関センター 輸出通関課)、住友 宏忠(業務本部西日本通関部 関空通関センター 通関二課)
が受賞した。

最新ニュース