パナソニック/新型の大型天然ガストラックによる輸送を開始

2017年02月27日 

パナソニックは2月27日、大阪~東京間で行っている製品配送について、 新型の大型天然ガストラックの運行を開始した。

<出発式の様子>
出発式の様子

採用した車両は、いすゞ自動車が昨年11月に販売開始した新型大型天然ガストラック。

高速走行を主体とした使用方法により、同等クラスの2015年度燃費基準適合ディーゼル車と比較して、概ね10%以上のCO2削減が可能。

運行開始には、この車両を導入するエコトラックが、近畿スマートエコ・ロジ協議会の後援を受け、車両の出発式を行った。

車両は、 環境省が2016年度より国土交通省、経済産業省と連携して行っている「先進環境対応トラック・バス導入加速事業」において導入される、大型トラックの第1号車になる。

パナソニックは2009年度、国内初となる長距離大型天然ガストラックの試験運行に参画し、官民挙げての大型天然ガストラックの実用化に向けた、実証実験や普及促進活動に参画してきた。

最新ニュース