日本ロジスティクスファンド投資法人/清須物流センター再開発事業完了

2017年02月24日 

日本ロジスティクスファンド投資法人は2月24日、清須物流センター再開発事業について、新たに竣工した建物の引き渡しを受け、事業が完了し、運用資産の名称変更をしたと発表した。

保有底地に新たな建物を建設するもので、既存建物の解体に係る一過性の損失を発生させることなく、再開発を行うことができた。

1口あたり分配金水準の安定を維持しながら、将来における成長を目指すとともに、外部への利益流出を避け、資産価値を最大化するプロジェクトとなった。

これまでに大阪市大東市の大東物流センター及び千葉県八千代市の八千代物流センターでOBR(投資法人が自ら行う保有物件の再開発)を成功させた実績を有しており、2度のOBRを通じて培った知見と資産運用会社の専門性を活かし、この事業においても1口当たり分配金水準の成長と含み益の増加を達成している。

■物件の概要
名称:清須物流センター
引渡日(取得日):2017年2月24日
施工者:矢野建設
取得価格:23億2500万円(建物のみ)
取得資金:自己資金
支払方法:分割支払い

最新ニュース