日本船主協会/小学校で海運に関連した授業を開催

2017年02月23日 

日本船主協会は2月22日、資料やデータを提供した広島県の尾道市立原田小学校で、県内の小学校の先生を中心に約15名が参観し、海運に関する授業を行ったと発表した。

<授業の様子>
授業の様子

学校教育において、我が国の暮らしと産業を支える海運をはじめとする海事産業を取り上げてもらえるように、海事・港湾都市を中心に要請活動を展開している一環。

授業は「我が国の貿易~海族と呼ばれる人たち~」と題し、担当の村上忠君教諭から、衣食住・エネルギーの海外依存度や海運が止まった場合の食事例の写真など、海運により我々の生活が支えられていることが説明された。

また、東日本大震災・福島第一原発事故の影響による風評から、貿易国が日本への寄港を拒否するなど、実際に海上輸送が停止しかけたことが説明され、生徒はなぜ海上輸送が止まらなかったかなどの意見を活発に出し合い、今回の例では正確な情報が国や国連から発信されることの重要性を学んだ。

授業の最後には生徒から、「(海運会社や関係者に対して)暮らしを守ってくれてありがとう」などの感想が寄せられるとともに、タンカーの速度などの質問を受け、田中常務理事が丁寧に説明した。

最新ニュース