フェデックス/ジャイアントパンダ、米国から中国への輸送を受託

2017年02月16日 

フェデックス エクスプレスは2月21日、ジャイアントパンダ「バオバオ」を米国から中国へ輸送する。

フェデックス エクスプレスはスミソニアン国立動物園と協働し、ワシントン・ダレス国際空港から中国・成都までノンストップの直行チャーター便で輸送する。

バオバオは2013年8月にスミソニアン国立動物園で生まれた。両親であるメイシャンとティアンティアンは、現在米国で暮らしているが、バオバオは、フェデックスが用意した特別なコンテナに収容され、特別な塗装が施された777型貨物輸送機、別名「フェデックス・パンダ・エクスプレス」で旅立つ。

なお、フェデックス エクスプレスとスミソニアン国立動物園中国の担当者は互いに協力し、バオバオが安全で快適なフライトを楽しむために必要な、あらゆる事前対策を講じている。

バオバオに輸送用のコンテナに慣れさせることと、動物園のパンダ飼育員1人と獣医師1人には、貨物機の機内でバオバオに付き添うための、特別な飛行特権が与えられた。

パンダチームは、旅の間バオバオを絶えず見守るとともに、水と笹に加え、大好物であるりんごや梨、焼き芋などを用意する。

成都に到着した後、バオバオは成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地が運営する拠点の一つに車で移動し、スミソニアン国立動物園から派遣される1人のパンダ飼育員は、バオバオが新居に慣れるまでの間、バオバオに付き添う。

最新ニュース