日本ロジファンド/愛知県清須市に2万m2の清須物流センター竣工

2017年02月14日 

日本ロジスティクスファンドは2月13日、愛知県清須市で再開発を進めていた「清須物流センター」が竣工したと発表した。

<施設外観>
施設外観

清須物流センターは名古屋市中心部から10㎞圏内の消費者向け配送に適した立地にあり、東名高速・名古屋高速など主要高速道路を通じて全国への広域配送だけでなく、名古屋港や中部国際空港を利用した国際物流のニーズにも対応できる立地条件を備えている。

建物は、鉄骨耐震構造、延床面積約2万463m2、4階建(倉庫部分は3層)のマルチテナント型物流施設として再開発した。

有事の際の水害対策としてキュービクルを2mかさ上げ対応するなど、BCPを意識した設計となっている。

竣工前に物件全体について三菱電機ロジスティクスとの契約が完了しており、同社の輸出物流拠点として利用される予定。

なお、日本ロジスティクスファンドは保有物件の再開発事業を推進し、これまでに大阪府大東市の大東物流センター、千葉県八千代市の八千代物流センターで成功させた実績があり、清須物流センターは第3弾となる。

現在、第4弾として取り組んでいる春日井物流センターの再開発では、今回の設計・施工者である矢野建設と事業協定書を締結し、同社と共同して順調に建設を進めている。

最新ニュース