川崎重工/最新鋭の大型旅客機「ボーイング777X」胴体製造の新工場竣工

2017年02月13日 

川崎重工業は2月13日、名古屋第一工場に最新鋭の大型旅客機「ボーイング777X」用胴体を製造するための新工場を竣工した。

<名古屋第一工場 777X組立工場>
名古屋第一工場 777X組立工場

新工場は、名古屋第一工場北工場の敷地内に2015年9月から建設を進めており、川崎重工が製造を担当する前部胴体、中部胴体、主脚格納部、後部圧力隔壁、貨物扉のうち、前部胴体および中部胴体のパネル組立を行う。

2017年6月の製造開始に向けて、生産設備の設置作業を開始しており、2月13日から作業を本格化させる。

工場では、自動で穿孔位置を認識して作業を行う自社製ロボットや、打鋲の対象範囲が拡大したオートリベッター(自動打鋲機)など、全社を挙げて開発した最先端の画像センシング技術や制御技術を駆使した新規開発設備を導入して自動化を推進するとともに、これまでに培ってきたKPS(カワサキ・プロダクション・システム)を融合させることで、高品質かつ効率的な生産を行う。さらに、将来のスマートファクトリー化に向けて、ICT/IoTなどのインフラ整備を行う。

■新工場の概要
所在地:愛知県弥富市楠3-20-3
建物延床面積:約1万3000m2
(全長202m、幅53m、高さ18m)
主要設備:スキンスプライス・リベッター(パネル結合用自動打鋲機)、フレームアッセンブリ・リベッター(フレーム結合用自動打鋲機)、ドリルロボット(大口径穿孔用ロボット)、タッキングロボット(フレーム仮結合用ロボット)

最新ニュース