郵船ロジ/マレーシアでコールドチェーン事業に本格参入

2017年01月26日 

郵船ロジスティクスは1月26日、マレーシア法人のTASCO BERHADがマレーシアでコールドチェーン事業を展開する大手物流会社Gold Cold Transport Sdn Bhd社(GCT社)とMILS Cold Chain Logistics Sdn Bhd社 (MCCL社)をそれぞれ買収する契約を締結したと発表した。

マレーシア証券取引所の承認を経た後、それぞれ6月末までに手続を完了させる予定だ。

TASCOは成長を支える事業の柱としてコールドチェーン事業へ本格的に参入し、海上・航空貨物輸送、コントラクト・ロジスティクスを組み合わせることで更なる事業拡大を図る。

買収した会社はハラル物流にも対応しており、2015年に取得済のTASCO社と連携したハラル物流サービスの提供も可能。

マレーシア国内のコールドチェーン事業に本格的に参入し、グループの物流サービスを補完・強化することが期待出来る。

取得した好立地な土地と施設を「戦略的物流施設」と位置付け最大限に活用することで、コールドチェーンだけでなくあらゆる顧客の物流ニーズに応え、取り扱い拡大を図っていく。

GCT社はマレーシア国内のコールドチェーン業界売上第2位の規模。約3万1000m2の冷蔵・冷凍倉庫と174台のリーファートラックを有し、主に冷蔵・冷凍食品を扱う物流会社。

最も難易度の高いといわれているアイスクリームの取扱いに関しては国内の約80%以上のシェアを有しており、高品質なサービスを提供している。

MCCL社はマレーシア国内のコールドチェーン業界売上第10位の規模。ポートケラン港のWestportに隣接したエリア内で冷蔵・冷凍倉庫(約7000m2)のオペレーションを行っている。

このエリアは全てFree Commercial Zoneで、税関や港湾局にも隣接する好立地。

近年、Westportでのコンテナの取扱いが増加していることから、同エリアでの物流需要も見込まれるため、MCCL社の買収に加えて、冷蔵・冷凍倉庫(約7000m2)と同エリアの広大な敷地(約16万m2)と常温倉庫(約3万1000m2)の買収についても併せて契約を締結している。

■会社概要
Gold Cold Transport Sdn Bhd社
社名:Gold Cold Transport Sdn Bhd
本社所在地:Jalan Sungai Kayu Ara 32/40, Taman Perindustrian Berjaya,
40460 Shah Alam, Selangor, Malaysia
設立年:1998年

MILS Cold Chain Logistics Sdn Bhd 社
社名:MILS Cold Chain Logistics Sdn Bhd
本社所在地:Unit 206, 2nd Floor, Wisma Methodist, Lorong Hang Jebat,
50150 Kuala Lumpur, Malaysia
設立年:2006年

マレーシア法人
社名:TASCO BERHAD
本社所在地:SHAH ALAM LOGISTICS CENTRE (SALC)
Lot No.1A, Persiaran Jubli Perak, Jalan 22/1, Seksyen 22
40300 Shah Alam,Selangor Darul Ehsan, Malaysia
設立年:1974年

最新ニュース