キヤノンITS/Web会議システムのクラウドサービス開始

2017年01月17日 

キヤノンITソリューションズは1月17日、Web会議システム「IC3(アイシーキューブ)」のクラウドサービスを開始する。

<IC3のクラウドサービス>
IC3のクラウドサービス

<PC版の画面ショット>
PC版の画面ショット

IC3はキヤノンITソリューションズで開発・販売しているWeb会議システム。

音声品質の安定性、モバイル環境での使い勝手の良さが特長で、クラウドサービスリリースにより、この特長をより手軽に利用することが可能になった。

顧客ごとの通信環境を事前に調査・診断してチューニングを施すことで、快適な利用環境を提供する。

一般的にWeb会議サービスで使われる帯域自動調整機能は、帯域を使いすぎてネットワークを圧迫したり、逆にネットワーク負荷を抑えるために全体の品質を悪化させたりすることがある。IC3は、映像・音声・画面共有の品質を細かく設定できるため、ネットワークに余計な負荷をかけずに品質を確保できる。

多人数の会議では、音声品質の安定性が最も重要な要素。特に、ディスカッション形式の会議は、報告形式の会議と異なり、発言の際に互いの声がぶつかるため、音切れや音声遅延が発生しやすくなる。

IC3は無駄な音声データを削減する独自の処理技術(特許出願中)により効率的なデータ伝送を行うことで、多人数のディスカッションでも安定した品質を実現する。

クラウドサービスは、社内インフラとしての利用を想定し、仮想ルームやユーザーIDをいくつでも作成することができるので、顧客の利用状況に合わせた柔軟な会議運営が可能となる。

年単位の長期契約を通して、一層社内インフラの一部として愛用できるよう、企業ロゴや社名などの画面デザインを変更するサービスを提供する。

IC3のクラウドサービス初期費用は10万円~、クラウドサービス年額費用は100万円~となっている。

■問い合わせ
キヤノンITソリューションズ
通信コミュニケーションソリューション事業部 営業部
TEL:03-6701-3577

最新ニュース