完全自律制御ドローン/長距離荷物配送を成功

2017年01月12日 

経済産業省とNEDO、福島県、南相馬市、自立制御システム研究所は1月12日、福島県南相馬市の海岸において、世界初となる完全自律制御による回転翼ドローンでの長距離荷物配送の飛行実証試験を実施した。

<当日の機体>
当日の機体

<飛行の様子>
飛行の様子

<サーファーに暖かい飲み物を手渡す様子>
飛行の様子

<飛行コース>
飛行コース

楽天のドローンを活用した配送サービス「そら楽」の専用機「天空」のベースとなる「ACSL-PF1」が、福島県南相馬市の海岸線約12kmの区間(南相馬市小高区村上城跡~同市原町区北泉海水浴場)を飛行し、完全自律制御による長距離荷物配送を行った。

成果は、災害時の緊急物資輸送にも活用されることが期待されるとしている。

飛行試験では、配送先をサーフィンのメッカである福島県南相馬市の北泉海水浴場に設定し、ドローンが現地のサーファーに温かい飲物を届けた。

今回の飛行実証試験は、ドローンを活用した物流システムの性能評価手法の開発のためのNEDOプロジェクトの一環として、自律制御システム研究所が主体となって行った。

飛行実証試験の場所は、福島県や南相馬市がロボットやドローンの実証場所を提供する「福島浜通りロボット実証区域」制度を活用し、福島県南相馬市の海岸を利用したもの。

NEDOプロジェクトは、ドローン等に関して、用途に応じた性能・安全性の評価手法(評価軸、評価軸に沿った性能レベル、標準的な性能測定試験方法)を設定することを目標としている。

今回の飛行試験の成果は、物流に用いるドローンの積載性能に関する性能評価手法等の研究開発に活用される。

今回の飛行実証試験に代表される福島浜通りロボット実証区域での取組を、福島県の復興に向けた新産業創出の施策である「イノベーション・コースト構想」の実現に向けた第一歩とし、南相馬市と浪江町に整備予定のロボット・ドローンの実証拠点「ロボットテストフィールド」とも連携して、福島県にロボット産業集積を図っていくとしている。

最新ニュース