国交省/インドで貨物鉄道利用促進の実証事業を日通等と実施

2017年01月12日 

国土交通省は1月12日、我が国の質の高い物流システムを、官民一体となり戦略的に新興国へ展開するため、「物流パイロット事業」を実施しているが、1月20日~26日にインドのデリー~バンガロール間(約2200Km)において、貨物鉄道利用促進の実証事業を実施すると発表した。

日本側から貨物鉄道ダイヤの設定をインド鉄道省に働きかけ、昨年6月よりデリー~バンガロール間で週1回の定時運行が始まった。これにより、従来同区間で7~10日程度要していたところ、3日以内での輸送が可能となり、リードタイムの大幅な短縮が実現した。

今回の実証運行にあたって、同区間で、現行のダイヤに加え、新たな便を追加運行する。

ダイヤ設定後も、トラックからのモーダルシフトが進んでいない状況を踏まえ、今回の実証運行では、日本通運とインドの物流会社が共同で集荷を行い、貨物鉄道利用を促進する。

効果や課題等を具体的に調査・分析し、本区間での定期運行の実現を含め、インドにおける貨物鉄道輸送の効率化やモーダルシフトの促進を図る。調査結果については、後日公表する予定。

インドでは、増大する貨物需要に対応すべく貨物専用鉄道建設計画(DFC)が進行中であり、西回廊(デリー・ムンバイ)建設事業等が、日本の円借款の支援により進められている。

インドの貨物鉄道は運行ダイヤが存在せず、定時性がない等の理由で、荷主はトラック輸送を選好し、貨物鉄道の活用が十分ではない状況。

進出が進む日系企業にとっても、物流ニーズに対応した貨物鉄道輸送の効率化は大きな課題となっている。

最新ニュース