鹿島/建設現場で運搬と荷下ろし作業を自動化

2017年01月11日 

鹿島は1月11日、大分川ダム堤体盛立工事に自動ダンプトラックの導入試験を行い、ダンプトラックの「運搬」と「荷下ろし作業」の自動化に初めて成功したと発表した。

建設機械の自動化技術による次世代の建設生産システム「A4CSEL」(クワッドアクセル)を2015年に開発し、振動ローラとブルドーザの自動施工を実現していた。

<新たなA4CSELのダムでの適用イメージイラスト>
新たなA4CSELのダムでの適用イメージイラスト

<自動ダンプトラックと自動ブルドーザの連動作業>
自動ダンプトラックと自動ブルドーザの連動作業

<コア盛立部での2台の自動振動ローラでの転圧作業>
コア盛立部での2台の自動振動ローラでの転圧作業

新たに開発した自動ダンプトラックは、55t積級の汎用ダンプトラック(コマツ製)に、GPS機器や制御PC、自動化機器等を搭載して、予め指示された位置までの運搬や指定位置でのダンプアップ(荷下ろし作業)を自動で行うもの。

大分川ダムの堤体コア材盛立部において、自動ダンプトラックと自動ブルドーザを連動させ、運搬/荷下ろし/まき出し/整形という一連の作業の自動化の導入試験を行った。

コア材を積載した自動ダンプトラックが指示された位置まで自走し、コア材をダンプアップする。自動ブルドーザは自動ダンプトラックからの退出信号を受信すると、自動的にまき出しと整形作業を開始する。この作業を繰り返し行うもの。

今回、振動ローラの転圧作業とブルドーザのまき出し作業に加え、盛立部でのダンプトラックの運搬/荷下ろし作業の自動化に成功したことにより、ダム工事での建設機械自動化システムの一連の流れを確認した。

今後は油圧ショベルの自動化にも取り組む予定で、適用機種を増やしつつ、造成工事やダム工事の自動化システムを完成させる方針だ。

鹿島が目指す次世代建設生産システムは、従来のリモコン等による建設機械の遠隔操作とは異なり、人間は予め複数の建設機械に対しタブレット端末で指示を出すだけで、あとは機械が自動的・自律的に運転・施工を行う。

建設業の課題である将来の熟練技能者の減少や作業員不足への対応、土木工事全般の生産性並びに安全性の向上に大きく貢献できるシステムとして、今後、適用機種を増やしながら、建設工事の更なる自動化を進める、としている。

最新ニュース