山九/中国・大連に3500m2の物流センター開設

2017年01月11日 

山九は1月11日、中国の現地法人、大連山九国際物流が1月1日、ハルビン物流センターを開設したと発表した。

<ハルビン物流センター>
ハルビン物流センター

自動車産業や医薬・食品加工企業等が進出する平房開発区に位置し、約3500m2の床面積を保有している。

主要取扱品は自動車部品。現地社員を管理監督職として常駐する予定で、緊急時の早急な対応、高品質なサービスを顧客に提供することができる。

哈爾浜(ハルビン)市への物流センター開設により、中国東北三省(遼寧省、吉林省、黒竜江省)を結ぶネットワークの構築が完成した。

同地域での国内配送・幹線輸送業務の増強に加え、大連港をゲートウェイとする第三国向けの輸出入業務への対応が可能となった。

■概要
名称:ハルビン物流センター
所在地:黒竜江省平房開発区南海路1号
    哈爾浜招商局物流センター内
床面積:3500m2
取扱品:自動車部品関連

最新ニュース