JMU/次世代型自動車運搬船を引渡し

2017年01月10日 

ジャパン・マリン・ユナイテッド(JMU)は1月6日、熊本県玉名郡長洲町の有明事業所で建造していた川崎汽船向け次世代型自動車運搬船” APOLLON HIGHWAY “(アポロン ハイウェイ)を引き渡した。

<アポロン ハイウェイ>
アポロン ハイウェイ

パナマ運河拡張に対応した幅広新船型の自動車運搬船で、JMUが受注した自動車船4隻シリーズの3番船。

3層のリフタブルデッキを含む13層のデッキを有し、乗用車・トラック、重車両のほか、鉄道車両などの長尺・大型貨物の積載が可能。

省エネ技術として、水面上の船首部に風圧抵抗低減形状を採用し、自動車運搬船に大きな影響をもたらす風による抵抗を低減している。

船尾には舵前端部にSURF-BULBRを装備しており、プロペラ旋回流のエネルギーロスを回収し燃料費の削減に寄与している。

高効率プロペラ、冷却海水ポンプ、機関室通風装置のインバータ制御、発電機エンジン排ガスエコノマイザ、ボイラー水エマルジョン装置、LED照明、低摩擦塗料、遮熱塗料などの多様な省エネ・CO2削減技術を採用している。

■概要
主要寸法:全長199.99mx幅37.50mx深さ38.23mx喫水9.925m
載貨重量:2万321トン
総トン数:7万6299
主機関:MAN B&W 7S60ME-C8.2
航海速力:20.00ノット
定員:31名
船級:NK
船籍:パナマ

最新ニュース