DeNA/日産の自動運転車両を活用した交通サービスの基盤を開発

2017年01月06日 

DeNAは1月6日、日産自動車の製造する自動運転車両を活用した新たな交通サービスのプラットフォーム(基盤)の開発を決定したと発表した。

取り組みの第一歩として、2017年内に日産製の自動運転車両を用いた技術的な実証実験を日本国内で開始し、2020年までに無人運転による交通サービスプラットフォームのビジネスモデルなどを検証する。

サービスプラットフォーム開発の具体的な計画や実証実験の詳細は、今後協議の上、実証実験開始前に公表する予定だ。

DeNAはさまざまな領域でインターネットビジネスに挑戦してきた強みを活かし、自動運転技術や最先端のインフラなどを組み合わせ、「モビリティーサービスプロバイダー」としてエンドユーザーやパートナー企業にサービスやソリューションを届ける事業に取り組んでいる。

最新ニュース