カドカワ/所沢プロジェクトの書籍製造・物流工場の投資額90億円増加

2016年12月26日 

カドカワは12月22日、子会社KADOKAWAが開発する「新規プロジェクト ところざわサクラタウン開発事業」で発表した内容を変更すると発表した。

<ところざわサクラタウン(仮)のCG画像>
ところざわサクラタウン(仮)のCG画像

KADOKAWAが製造・物流工場に特別に支出する金額は最大で155億円としていたが、事業内容を精査した結果、回収見込額が前回より増加したこと、共用部を含めた建築コストが明らかになったことに伴い、246億円へと変更する。

老朽化した埼玉県入間郡三芳町にある既存の書籍製造・物流設備の一新も含め、最新鋭のデジタル設備を備えた書籍製造・物流工場を建設し、世界の潮流である“製販一体型ブックオンデマンド”を実現する。

メディアミックスの源泉となる書籍コンテンツを生み出す基盤を強化し、書籍事業の利益率を向上させるとともに、出版業界に資するデジタル製造・物流プラットフォームの構築により競争力を高め、北米市場で先行する書籍市場の復権を日本でも再現することを目指す。

また、ワークスタイル改革の実現と世界に向けたコンテンツ開発拠点として、製販一体型の新製造物流設備に直結させて新オフィス「所沢キャンパス」を建設し、さらなる事業効率の向上を目指す。

なお、書籍製造・物流工場は、書籍を一部単位で高品質かつ低コストにオンデマンド印刷できる製造・物流一体の最新鋭デジタル設備を導入し、ユーザーの多様なニーズに応えるべく、書籍の受注から迅速な製造・発送までを一体で行う最適な生産プロセス、物流システムを構築する。

また、書籍の小ロット製造や適時製造・適時配送を実現することで印刷費用、資材費用等の直接原価を削減し、返品率を改善することで利益率向上を図る。加えて、同様の設備を備える海外拠点及びその協力会社との連携により、デジタルと紙の多言語サイマル出版やメディアミックスの多国同時展開を推進していくとしている。

■取得資産の内容
名称:ところざわサクラタウン(仮)
所在地: 埼玉県所沢市東所沢和田三丁目 31 番地の 3 及び 11
資産の概要:製造・物流施設、オフィス、商業施設及びこれらに付随する製造機械設備、機器、ソフトウェア等
建築面積:約2万5000m2
延床面積:約8万4000m2
取得価額
399億円(予定)
(建物、設備、機器、ソフトウェアなどを含む)
資金計画:自己資金により充当
日程
取締役会決議日:2016年12月22日
建物着工:2018年2月(予定)
竣工:2020年4月(予定)
事業開始:2020年4月(予定)

最新ニュース