郵船ロジスティクス/ロシア向け航空混載サービス開始

2016年12月26日 

郵船ロジスティクスは12月26日、モスクワのシェレメチェボ空港、ドモジェドボ空港とサンクトペテルブルグのプルコボ空港向けの航空混載サービスを開始したと発表した。

これまでロシア向けに航空貨物を輸送する際は、航空会社のAWB(Air Waybill)の下でサービスを提供していた。

今後は郵船ロジスティクスの混載サービスを利用した場合、郵船ロジスティクスがHAWB(House Air Waybill)を発行し、航空運賃の着地払い可能なサービスの提供とともに、届け先までの貨物追跡が可能になる。

最新ニュース